創始者である私たち2人は、8歳以来の幼なじみです。小さい頃からデザインが大好きで、特に時計に夢中でした。しかし身の回りの時計はあまりにも値段が高く、似たようなものが多いと感じていたため、2015年自分たちのスタジオを立ち上げることにしました。

偉大な遺産には責任がつきものです。機能性と美しさを融合する北欧デザインを尊重し、正しい行いに対する信念とのバランスをとり、私たちは多様で民主的な未来の実現のためにデザインをしたいと考えています。細部にわたるすべての部品を0から設計し、コストのかかる仲介業者を一切挟まないことで、美しい時計を手の届く価格で提供することを可能にしました。

私たちは有機的に成長を続け、MoMAニューヨークおよび東京、テート・モダン、ルイジアナ近代美術館、ボストン現代美術館、デンマーク建築センター、サンフランシスコ近代美術館など多くの団体から認められ、展示を行ってきました。また、ニューヨークタイムズ、ハイスノバイエティ、ダンスク・マガジン、ニット・ロム、Vogue、GQ各誌から高い評価を受けています。


また、ラーセン&エリクセンの時計はすべての生産工程においてカーボンニュートラルです(詳細はこちら)。